浅草では毎月のように魅力溢れる行事が開催されている

江戸時代から浅草は人気があり多くの人が観光に訪れていましたが、最近では外国人にも人気があり雷門周辺は多くの人で溢れ返っています。

欧米の人達ももちろんいますが最近では中国人観光客の数も多く圧倒されるほどですが、それでも修学旅行生も沢山いるので日本人の観光客が以前よりも少なくなったと言うことはないです。この浅草は様々な行事が行われていることでも有名で、インターネットで調べるとその数の多さに驚いてしまうほどです。しかも1月から12月まで満遍なく何かの行事が開催されているので、毎月浅草に訪れる人もいてかなりの盛り上がりを見せています。

浅草で行われる行事と言えばサンバカーニバルが有名で毎年8月に開催されていますが、兎に角見物客の数が多く身動きが取れないほど沢山の人で賑わっています。それだけ見る価値のあるお祭りと言えますが、日本ではあまり馴染みのないダンスを目の前で見ることが出来るので人気があるのは当然のことだと言えます。

また12月の中旬になると羽子板市が開催されることでもよく知られており、その活況ぶりはテレビのニュースでも取り上げられるほどです。ただ何と言っても忘れてはならないのは5月に開催されている三社祭で、700年以上の歴史のあるお祭りと言うこともあり多くの人に愛されています。このように浅草では毎月様々な行事があり見る人を引き付けて止まない魅力溢れる催しものばかりなので、日本だけではなく世界からも注目されており訪れる人の数も年々増加しています。
浅草の行事のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *