浅草の1年間の行事とは?

観光地として人気の浅草には、全国から大勢の観光客や旅行客が訪れています。

近年は海外から訪れる人も増えており、いつも沢山の人で賑わいます。その浅草では、一年を通して様々な行事が行われています。行事が行われる際にはさらに人出が増え、非常に賑やかな雰囲気に包まれます。最も大きな行事と言えば、5月に行われる三社祭があります。三社祭は浅草神社の例大祭で、日本でも有数の祭りに数えられています。

5月の第3金曜日・土曜日・日曜日に行われることになりました。三社祭では「びんざさら舞」と呼ばれる古式舞が奉納されます。これは東京都の無形文化財に指定されているものです。それから氏子たちが神輿を担いで町中を歩く「渡御」も非常に人気があります。また、初詣・節分会・酉の市・羽子板市・隅田川の花火大会など伝統や文化が感じられる行事も人出が多い行事になります。隅田川では江戸時代から花火が楽しまれてきた歴史があり、花火大会には80万人もの人が集まります。

美しく夜空を彩ってくれる花火は、浅草の夏の風物詩とも言われるようになりました。その他にも、子供の丈夫な成長を願う泣き相撲や国際色が豊かな浅草サンバカーニバルなども行われています。サンバカーニバルは1981年に始まって以来、日本で最大のサンバカーニバルコンテストとして知られるようになりました。サンバの本場ブラジルから優勝チームを招待してサンバのパレードやコンテストが行われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *