浅草周辺の伝統的な行事

浅草周辺で開催されている行事は、年間を通してたくさんあります。

具体的には、毎年1月に行われる大根まつりがあり、このお祭りはお正月にご本尊の聖天様にお供えされた大根をふろふき大根に調理して御神酒と共に参詣者にふるまわれる行事です。大根は、清浄で淡白なため身体の中にある毒素を中和して消化を助けるはたらきがあるため供養に欠かせないお供え物とされています。

4月に行われる浅草観音裏ー葉桜まつりは、江戸開府400年を記念して一葉桜を植樹したことを記念してスタートしたイベントで、パレードや街角ステージショー、模擬店、フリーマーケットが開催される行事です。昭和61年から毎年開催されている、赤ちゃんの泣き声を競う泣き相撲という行事があります。このイベントは、赤ちゃんが丈夫で健康な子どもに育ってほしいという願いを行事にしたもので、先に泣くか後から泣いても10秒以内に泣けば声が大きい赤ちゃんが勝ちになります。浅草サンカーニバルは、浅草で行われるサンバのパレードでコンテストも行われます。

日本で最大のサンカーニバルとして有名で、各サンバチームの規模に応じてリーグ制によるグループ分けがされており、ひとつのグループの中にはダンスやパフォーマンスなどの役割をそれぞれに演じるのが特徴的です。スポンサー企業のグループには、会社のロゴや商品ロゴなどの掲示が認められているため、商品名などを大きくアピールしているアレゴリアが出場しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *