東京観光の宿泊に雷門近くのホテル

雷門といえば日本では東京・浅草寺にある山門のことを指します。

この門は正式には「風雷神門」とされるもので、その名の通り左右には門に向かって右に風神、左に雷神が配されている門です。そして、そのイメージを印象づけるものとして高さ3.0m、直径3.3mの巨大な提灯が門の中央に吊り下げられています。この提灯のある雷門は日本を象徴する風景として、特に外国人に人気があります。浅草そのものは江戸時代から続く東京の下町であり、また繁華街として栄えてきた地域です。

特に都心部から見て北東の方角にあり上野駅からも近く、浅草・雷門周辺には旅館が多くあります。浅草・雷門周辺には昔ながらの旅館も残っていますが、その多くはホテルに変わっています。ホテルといっても種類はさまざまで素泊まりを中心としたビジネスホテルのほか、レストランを併設したホテルまであり、料金プランもリーズナブルなものも多くあります。やや都心から離れていますが地下鉄が走っていますから、それを通じて都心部へのアクセスも良い地域です。

東京観光に来た場合には浅草・雷門周辺が使い勝手が良く都心部へのアクセスのほか関東郊外の観光にも向いています。浅草駅からは東武鉄道があり日光方面へのアクセスのほか、途中乗り換えで羽田空港や成田国際空港へのアクセスにも便利です。また隅田川を挟んだ対岸には東京スカイツリータワーがあります。都心部へのアクセスが良いですから観光はもちろんビジネス向けにも利便性の高いホテルが多くあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *