雷門の近くのホテルをとれば浅草を満足できます

海外からの観光客が増え、日本の有名観光地はもちろん地元の人しか知らないような僻地にも外国人の姿が見られます。

外国人が多く訪れる場所として、テレビや雑誌などでよく取り上げられていますが、代表はもちろん京都と東京です。東京は外国人だけでなく、国内からも多数の人が訪れたい場所です。近代的な高層ビルが立ち並ぶ一方で、浅草などの昔の雰囲気が味わえる下町もあり、世界中のグルメが楽しめる大都市で、その魅力は限りないでしょう。昔の名残を残す浅草は、東京を訪れる国内外の観光客が行きたい場所の上位となっています。その浅草に来たら、誰もがまず最初に目にするのが雷門でしょう。

浅草寺の入り口にぶら下がっている大きな提灯は、見る者を釘付けにします。雷門は通称で、正式名称は風神雷神門と言い、700kgの重さがあります。風神は風を司る神で、雷神は雷を司る神で、雷門に向かって右側に風神の像、左側に雷神の像が建っています。提灯の下には見事な龍の彫り物があり、下から見上げる人の姿が多くみられます。

雷門と浅草寺は日没後にライトアップされており、23時ごろまでロマンチックな灯りに照らされライトアップされた浅草は、日中とまた違った雰囲気が楽しめますので、ぜひ両方の姿を愛でていただくことをお勧めします。そのためにも、ホテルは近場で泊るのがいいでしょう。遅くまで観光を楽しんだ後に、遠いホテルまで行くのは大変ですが、近くにホテルがあれば十分満足できるまで浅草にいられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *