浅草名物を朝ごはんに食べるには

朱塗りの山門と雷門と書かれた提灯で有名な浅草は、東京および日本を象徴する風景として外国人観光客も多く訪れる観光地です。

たくさんの宿泊施設があり、国内外からの観光客に向けて各施設とも様々なサービスをこらしています。旅行での醍醐味のひとつに食事がありますが、浅草の宿泊施設では朝ごはんに名物の佃煮や昆布が提供されることが多く、日本食が好きな外国人にも好評です。昼ごはんには浅草蕎麦や江戸前天丼、夜ごはんにはフグの刺身やどじょう鍋など様々な浅草名物が食べられます。

日本食を食べ飽きた外国人向けのブラジル料理やジンギスカン、イタリアンやフレンチを提供する宿泊施設もあり選りどりみどりです。イスラム圏からの観光客向けに、ハラル認証を受けた宿泊施設も増えています。宿泊施設以外で朝ごはんを食べたい場合は、モーニングをやっている喫茶店や、ホテルの朝食ブッフェがコスパが良くお得です。名物のフワフワメロンパンや江戸もんじゃを朝ごはんで食べられる店舗もあるので、旅行気分も満足します。

少し遅めの朝ごはんで良いなら、仲見世通りの店舗が開店してから水茶屋で食べるのも小粋です。仲見世通りには雷門から本堂までの250メートルの区間にあげまんじゅうやきびだんご、人形焼きのお店などがあり、店内で食べられるのでお腹がいっぱいになります。浅草からはスカイツリーが見物できるので、スカイツリーを眺めながらの朝ごはんもオツなものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *