iPhoneXに機種変更するときにおすすめの機能

subpage01

iPhoneXが11月には発売されますが、新規としてだけでなく、機種変更するときにもすでに発売されている機種と迷っている人もいます。
今までのiPhoneと違って機能的な特徴があります。
iPhoneXにはSuperRetinaHDディスプレイを採用していますが、iPhoneとしてははじめての有機ELディスプレイです。

iPhoneXの機種変更の分かりやすい情報はこちらです。

有機ELディスプレイは液晶ディプレイよりも薄型で軽く、黒色をきれいに表現することができます。iPhoneXのアウトカメラは広角で望遠のデュアル構成となっていて、1200万画素センサーが採用されています。



望遠カメラも光学手ぶれ補正が搭載されていて、もともとあったiPhoneでも広角撮影時には手ぶれを軽減されていましたが、さらに望遠撮影時にも手ぶれを軽減することができます。
望遠レンズのF値が2.8から2.4に引き下げられています。F値は低ければ低いほど多くの光を集めることができ、暗い場所でもきれいな望遠写真を撮影できるようになりました。


機種変更をするときに写真をよりきれいにとれる機種がほしいというときにはiPhoneXがおすすめです。


iPhoneXには従来の機種に採用されていたTouchIDが搭載されていましたが、TouchIDの代わりにFaceIDという顔認証が搭載されました。FaceIDは通常のインカメラと別にTrueDepthカメラにて認証を行っています。TrueDepthカメラは顔の深度マップと赤外線イメージを作り登録済みデータと照合しています。



通常の顔認証ではスルーされてしまう認証でもFaceIDではリスクを回避することができます。
眼を閉じているときには認証を通過させない仕組みになっています。機種変更を機会にロックを強力にしたいというときにおすすめです。